パイロジャケット【新車に保護材装着】

パイロジャケット【新車に保護材装着】

流し熱や炎に強く油圧ホース・ケーブル・チューブを保護するために使用します。

新車の重機は高温の現場で働く重機です ↓ ↓ ↓

継続温度は260℃から1090℃(15分~20分)

1650℃まで(15秒から30秒)の耐久性があり製鉄所の炉などで重機に装着して稼働しています。

過酷な現場でさえも柔らかいままの状態を保っていて保護している油圧ホースも綺麗な状態を保っています。

値段は張りますがそれだけの価値があり、使用する業者様が増えています。

パイロジャケットが主流になる前は油圧ホースを作ってから耐熱テープを隙間なくらせん状に巻いてワイヤーブレードの空打(筒状)を通して製作していました。

重機も保護材(パイロジャケット)を装着の依頼でした。

しいて言えばぶつけて破れてしまったときは交換が必要になります。

パイロジャケットを詳しく知りたい方はこちら

弊社ではいろんな種類の保護材を在庫しています。

お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

LINEで問い合わせる